心の隙間に入り込む「鬼」

劇団Яeality主宰の香西姫乃です。

やっと色々なことがひと段落して、Яealityに本腰を入れられるようになりました。


今回の公演では、団員がいない為広報部隊を作ってSNS等の運営をしています。

そんな広報部隊の体調、サイトウさんとこんな話をしました。


この物語って、みんなの成長物語だよね

登場人物達は、みんな「鬼」にまつわる因縁を持った人物です。

作中では、人喰い鬼に狙われた人間が7月7日だけしかこの世に存在できなくなるのですが

その「鬼」は何を表しているのか。


登場人物は、大きく分けて2パターンの終わりを迎えます。

ひとつは、自分の中にある障害を超えられた人物。

もうひとつは、障害を超えられなかった人物。


人間、誰しも感じたことがある感情があると思うのです。

それは「自分は置いていかれている」という感情。

これは、数年振りに会った友人に対する感情なのかもしれないし

ふとした時の話題の変化や、もしかしたらFacebookなんかで感じるかもしれません。


自分だけが前に進めていない

多くの人は焦りや不安、寂しさなんかを感じるのではないでしょうか。


7月7日の夏祭りの1日に閉じ込められた人物は、この焦りを感じます。


「俺らは変われないまま、置いていかれるんだよ。」


彼らには、夏祭りの1日に閉じ込められているという目に見える障害があります。

けれど、変わりたくないと願うと同時に前に進みたいと思うのが人間なのではないか。


そんな一見矛盾している願いを超えられるか超えられないか。

これが大きな登場人物の分かれ目です。



障害を乗り越えないと前には進めない

彼氏が元カノと失踪した。

瞬きしたら翌年の夏祭りだった。

親友が忽然と姿を消した。

永遠に今に留まりたかった。

大切な人を守るために嘘をついた。

寂しさを埋めたかった。

自分の心に従って行きたかった。

誰かが不幸になることが許せなかった。


登場人物は様々な障害や願いを持って生きています。

でもそれは、現世に生きている私たちもそうなのではないでしょうか。



あの日で時間が止まってしまった私は、どうしたら次に進めるのか。

瞬きしている間に一年が過ぎて、周りから自分だけ取り残されてしまった。

大切な人が傷つく姿を見るくらいなら、私を恨んで憎んで悪者にして欲しい。

誰かに愛されたいだけなのに、いつでも孤独な気持ちになる。

社会やルールに縛られず、自分が願うように生きられたらどれだけ幸せだっただろう。


誰しもそんなことを感じる瞬間があると思います。

そんな、ちょっとだけ心が弱った隙間に忍び込み

「前に進まなくていいじゃん」

「このままでいようよ」

「今を楽しんで」

と誘惑してくるものが「鬼」なのではないでしょうか。


鬼は誰の心の中にでもいて

その時に留まるのが誰しも気持ちがよくて

でも前に進みたいと願う自分の願いがあって

置いていかれるのが怖くて

独りは寂しくて

誰かの隣で笑っていたくて


人喰い鬼と向き合う登場人物達は

現世に生きる心の隙間に鬼を持った私たちと同じなのではないか。


鬼退治をする登場人物達は

「自分なりの鬼退治」を教えてくれているのではないか。


鬼は倒すだけが正義ではありません。

時には鬼と一緒にその時に留まることもあるでしょう。

「鬼」と呼ばれるものにも、それ相応の苦しみがあると思います。


私達はこの物語を創ると同時に

自分の中の「鬼」と向き合わなければ。


私はそんな気持ちでこの物語と向き合っています。

ぜひ、登場人物達の鬼退治を劇場で見届けてください。

そして、このお芝居を観た方が

「自分なりの鬼退治」を見つけられますように。



劇団Яeality第8回公演

「七月の涙 夕月夜の花束」

2020.2.20~3.1

@大森山王Forest


【あらすじ】

主人公、彩子が住む地域で毎年行われる夏祭り。

その発祥はかつてこの地にいた人喰い鬼を封印したことを祝ったことだと言われていた。当時実際に夏祭りに行方不明が多発する神隠しが起こっていたというが、

伝説の類だとしか思われていなかった。

彩子の恋人の一樹と、彩子の親友の香織が夏祭りの日に忽然と姿を消すまでは。

そしてその翌年の夏祭りの日に姿を見せた一樹が

「今日は来年の夏祭りってことか…?」

と口にしていたという話を耳にするまでは。


【チケット】

前売り券

 特典無…3000円

 特典付…3500円

 通し席…7000円(涙・月・花組の公演をお好きな日程で各1回ずつ)

U-18…1500円

 リピート1回目…1500円

 リピート2回目…1000円

 リピート3回目…500円

上演時間は90分を予定しております。

公演終了後、30分程役者面会のお時間がございます。

プレゼント等はこちらでお渡しください。


【チケット販売フォーム】

https://www.gekidanreality.website/blank-7

日程を選択の上、必要事項と応援する役者名(あれば)をご記入ください。

メールアドレスにチケットが添付されます。

お間違えのないようにお願いいたします。


【お問い合わせ】

ご質問等ございましたら

gekidanreality@gmail.com

にお問い合わせください。


  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
  • Facebook